Kinesis Data Firehose ストリームの作成

step8-2-1

Amazon Kinesis Data Firehose について詳しく知りたい場合は、こちらのページをご参照ください: Amazon Kinesis Data Firehose


6.2.1 Amazon Kinesis Data Firehoseの作成

Topメニューよりkinesisと入力し、kinesisを選択 step8-1-3


6.2.2 KinesisのダッシュボードからFirehoseの設定

ダッシュボードのData Firehoseボックスにある配信ストリームを作成を押す step8-1-3


6.2.3 Firehoseの設定

  1. Delivery stream name{お名前}-yyyymmddを入力
  2. Sourceにて、Direct PUT or other sourcesを選択
  3. 画面下部の Next を押下 step8-1-3

6.2.4 Firehoseの設定

Nextを押す step8-1-3


6.2.5 Firehoseの設定

  1. Destinationとして、Amazon S3を選択肢、S3 bucketに先程作成した{お名前}-yyyymmddを選択
  2. 画面下部の Next を押下 step8-1-3

6.2.6 Firehoseの設定

  1. Buffer size5MBを入力
  2. Buffer interval60 secondsを入力
  3. S3 compressionGZIPを選択
  4. S3 encriptionDisabledを選択 step8-1-3
  5. Permissions -> IAM roleにて、Create or update IAM role KinesisFirehoseServiceRole-... を選択する step8-2-8
  6. 画面下部の Next を押下

6.2.7 確認

  1. 設定を確認後、Create delivery streamを押下 step8-1-3
  2. Kinesis Firehoseのストリームが作成が成功した場合はこちらのような表示になる step8-1-3