Kibanaの設定

step5-3-1


5.3.1 Kibanaを開く

先程メモしたKibanaのURLをブラウザで開く step7-1-6

以下の画面では Explore on my own を選択する

step7-1-6-2


5.3.2 index patternの設定

  1. Discoverを選択し、index patterntimestampと入力
  2. Successと表示されることを確認し、Next stepを押下 step7-1-8

5.3.3 Elasticsearchからkibanaの動作確認

Time Filter field nameTIMESTAMPを選択し、Create index patternを押下 step7-1-7


5.3.4 Index patternの確認

自動でデータが解析されている状況が確認できる step7-1-10


5.3.5 データの確認

KibanaのTOP画面でデータが登録されていることを確認する step7-1-8


5.3.6 グラフの作成

  1. KibanaのTOP画面でVisualizeを選択
  2. Create a visualizationを押す step7-1-10

5.3.7 グラフの作成

グラフ選択画面で、Lineを選択 step7-1-10


5.3.8 グラフの作成

  1. New Line / Choose a sourcetimestamp*を選ぶ
  2. Y-Axisをクリックし
    1. Aggregation:Averageを選択
    2. Field:TEMPERTUREを選択
    3. Custom Label:TEMPERTUREを入力
  3. Add metricsをクリック
  4. Y-Axisを選択し、Aggregation:AverageField:HUMIDITYCustom Label:HUMIDITY
    1. Aggregation:Averageを選択
    2. Field:HUMIDITYを選択
    3. Custom Label:HUMIDITYを入力
  5. BucketsX-Axisをクリックし
    1. Aggregation:Date Histogramを選択
    2. Field:TIMESTAMPを選択
    3. Interval:Autoを選択
    4. Custom Label:TIMESTAMPを入力
  6. 再生ボタンをクリックすると描画される
  7. Saveをクリックで保存 step7-1-13